ゲルマニウムの特徴 肩こり解消器具厳選特集

ゲルマニウムの特徴

ゲルマニウムは、温泉に含まれている成分として有名です。

ゲルマニウムは、体内の汚染物質や毒素を無毒化したり、

排出する働きがあるといわれています。


製品は身に付けているだけで、温泉と同じ効能が得られます。

これは、ゲルマニウムの特徴であり、温度が32度になると半導体であるゲルマニウムが

持っている自由電子(マイナスイオン)が外に飛び出すためです。

人間の身体の細胞は電気的には誘電体の性質があり、

半導体の電気陰性度からして電子的影響を受けやすく、

ゲルマニウムのマイナスイオンが、身体に影響しやすいと考えられます。

なお、ミネラルウォーターの中にも微量なゲルマニウムが含まれており、

痛みの解消に有効な成分であると注目されています。

フランスのルルドの泉などが、ゲルマニウムを含む水のいい例です。



●半導体とは●

一定の条件で電気を通したり通さなかったりする物質のことです。

ゲルマニウムの場合は、温度が32度未満のときは電気を通さず、

32度以上のときは電気を通します。

ゲルマニウムは、相手がプラスの電気を持っていると自分はマイナスの電気を持ち、

相手がマイナスだとその逆の動きをして、プラスの電気を帯びたものと

結びつく性質があります。



ゲルマニウムを利用した【ヴェーロエフェクト10】ヴェーロエフェクト10【QAZCITYショップ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック