●アロマオイル ラベンダー 肩こり解消器具厳選特集

アロマオイルラベンダーの詳細

●内容量●
 30g

●原産地●
 フランス

●香り●
 ミドルノート、さわやかな紫色の花で軽い甘さのフローラルな香りです。

●美容●
 @新しい細胞の成長を助けます
 A皮脂の分泌バランスを整えます
 B殺菌・消毒作用、日焼けした肌、ニキビ、湿疹、水虫、やけど、
  切り傷フケ症、抜毛、などの皮膚の炎症に利用できます。

●体への利用●
 鎮痛作用、月経の開始を促し調節する作用、頭痛、筋肉痛、咳、鼻水、
 ぼうこう炎、感染症、不眠症、下痢、リューマチ、関節炎、肩こり、
 リラックスなど心落ち着きをもたらします。

●効果●
 嗅ぐだけで、心が落ち着きリフレッシュできます。
 また、解熱や防腐効果もあります。

●備考●
 ハーブの女王様といわれ、アロマセラピー考案のきっかけとなったのがラベンダー。
 ゆったりとした、フローラルの香りで全身を包み込みます。
 南フランスの壮大なラベンダー畑の紫色のじゅうたんと、青い空、白い雲の
 鮮やかなコントラストという、気持ちよく開放的な気分になれるかもしれません。



多くの効能と使用方法で雑とした現代社会から一時的に開放させてくれます。
アロマオイル ラベンダー【いっぴん庵】


ラベンダーについて

ラベンダーは、草丈30〜40センチで、葉が小さく、

花は大きめの早咲きタイプです。

冷涼で乾燥した気候を好み、高温多湿な場所は、最も苦手としています。

国内では、北海道が有名です。


小さな紫色又は、青色の花々は星形をした毛で覆われており、

葉は紫やグレーまたは緑色です。


ラベンダー油は、もっとも多岐にわたって使われているオイルです。

リラックス作用が高く、民間治療での不眠症対策に用いられてきました。

ラベンダーの香りは心を落ち着かせ、ストレスなどから解放してくれます。

従来のアロマオイルとの比較

★使用方法★

◎アロマオイルラベンダー
化粧水、クリームなどに混ぜて直接肌につけることができますので、
自分の愛用している商品をグレードアップさせて、天然の香りを楽しめます。

×従来品
原液のため、絶対に肌につけることが出来ません。(つけてはいけない)



★アロマポット★

△アロマオイルラベンダー
アロマポットで焚く場合は効果が薄いです。

◎従来品
アロマポットで焚きながら使用します。



★使用の簡単さ★

◎アロマオイルラベンダー
いつでも、どこでも、知識の無い人でも、すぐに、簡単に使用できます

×従来品
アロマセラピストスクールに通って、専門知識の習得が必要です。



★皮膚への直接使用★

◎アロマオイルラベンダー
手に直接とって誰でもどんな場所でも香りを楽しめるます。

×従来品
手に直接使用することは不可。危険です。




★ベタつき★

◎アロマオイルラベンダー
キャリアオイルとして高級ホホバオイルを使用していますが、
全くベタつきません。

△従来品
キャリアオイルに混ぜて香水などを作れますが、
バタついて使用し辛く知識も面倒です。



★水との配合★

◎アロマオイルラベンダー
水、またはお湯にすぐ溶解するので、洗顔や入浴に利用できます。
オイルによる肌へのベタつきが無く、香りも持続します。

×従来品
油膜になるのでとても使用することはできません。



★香り★

◎アロマオイルラベンダー
世界的技術のクリーミーな水溶性乳化型アロマなので
そのまま余すところ無く香りを楽しめます。

×従来品
原液は濃度が高いため、直接そのまま香りを楽しむことは出来ません。




★シチュエーション★

◎アロマオイルラベンダー
職場や学校など、どこでも手軽に使用できます。
よって、リラクゼーション効果をありとあらゆるシーンで楽しめます。

△従来品
自宅やアロマポットを焚ける場所など、使用する場所は限られています。



★効果の体験★

◎アロマオイルラベンダー
全くアロマセラピーを知らない人でも、すぐに癒しの効果を体験できます。

×従来品
アロマセラピーの専門知識を習得した人か、
アロマセラピーに大変興味のある人に限られます。


★利用者層★

◎アロマオイルラベンダー
老若男女、どなたでも安全に幅広く使用可能です。

×従来品
使いこなすには専門知識が必要なため、年齢層が限られます。
男性からは敬遠されがちです。



メリットたくさんの【アロマオイルラベンダー】です
アロマオイル ラベンダー【いっぴん庵】

簡単に使えます

ボトルをよく振ってから適量を手にとり、

香りを嗅いだり身体に塗ったりなど、簡単に使うことができます。

普通のアロマの精油だと直接付けられませんが、

水溶性乳化「デタントアロマ」なら、お子さんでも安心して使えますし、

どこでも、いつでも使えます。

【ご注意】
お顔につけるときには、化粧水、乳液(無香料タイプ)に混ぜてご使用ください。


アロマオイル ラベンダー【いっぴん庵】

アロマオイルラベンダーはバスタイムにも使えます

天然塩を使ってミネラルたっぷりのバスソルトを作りましょう。

天然塩にアロマオイルラベンダーを混ぜてください。

心も体も芯から温まります。


【作り方】
@容器に天然塩を100g入れて、アロマオイルラベンダーを
 30滴程入れます。

Aよく振ってなじませ、一日おけばできあがりです。


混ぜるときに食用色粉を入れるとお湯に好きな色をつけられます。

化粧水や乳液と混ぜて使えます

無香料の化粧水や乳液、クリームはもちろん、

シャンプー、リンスやボディクリームに混ぜて使用すれば、

スキンケア、ヘアケア、ボディケアに役立ちます。

男性の方も、髭剃りの時にシェービングクリームに混ぜて使えます。


【作り方】
化粧水なら300mlに対して、自分の肌に合わせたアロマを10滴程入れるだけ。

(あくまで目安です。お好みで変えてください)

また、精製水に混ぜてオリジナルの化粧水も作れます。

市販品などに含まれるアルコールが肌に合わない敏感肌の方にはぴったりです。

たっぷり使えるのでお勧めです。


シャンプーやクリームの場合は、容器の中に混ぜてしまわずに、

使うたびに2・3滴混ぜたほうがいいです。




多用途のアロマオイルラベンダーです。
アロマオイル ラベンダー【いっぴん庵】

オリジナルミストを作れます

薬局で販売している精製水やミネラルウォーター30ミリリットルに

10〜15滴ほど垂らるだけで出来上がりです。

お好み合わせてオイルの量を増減してください。


ヒノキやローズマリー、ラベンダーには強力な殺菌、抗菌作用があるので、

これをミストにして部屋にスプレーするだけで、風邪やインフルエンザの予防、

害虫除けにつながります。


また、グレープフルーツやラベンダーは美容効果が高く、

ミストにしたりお持ちの乳液などに数滴混ぜて使うことで

美容効果を得ることもできます。

芳香浴が楽しめます

直接、手に取ってそのまま香りを楽しみます。

最も簡単で水溶性アロマのよさを一番確実に実感できる方法です。

手のひらに2,3滴とり、両手で鼻を囲むようにしてかぐだけです。

お仕事中にちょっと疲れた時や就寝前のリラックスタイムなどにどうぞ。

自宅の中でも外出先でも、いつでもどこでも簡単に楽しめます。

アロマオイルラベンダーの特徴

100%ピュア天然オイルが水溶性特殊乳化液に成功した、

精油が水に溶けない常識を覆した画期的商品です。

いつでもどこでもアロマテラピーを堪能できます。


従来の乳化方法では、香りが半減してしまいますが、

世界で全く無い新たな開発技術によって、常温での加工ができるようになりました。

従って、香りもそのまま成分も損なうことなく100%ピュア天然オイルを

マイナスイオンゲル使用で特殊乳化液に成功しました。

キャリアオイルとしてホホバオイルを30%配合しており、

乳化剤、安定剤などの添加物を一切使用しておりません。


従来のオイルは油膜になりますが、アロマオイルラベンダーは

水やお湯ですぐに溶解するので、肌のべたつきがなく香りも持続します。


用途によってミックスする場合でも、キャリアオイル(ホホバオイル)が

配合されていますので簡単かつ経済的に調合できます。


アロマオイル ラベンダー【いっぴん庵】

肩こりに効果があるアロマオイル

このアロマオイルラベンダーは、いろいろな方法で使うことができます。

肩こりに利用する場合は、直接塗ります。

この方法は、主に怪我や体調不良の時などに効果を発揮します。

デタントアロマプレミックスならではの使い方です。

日焼け(やけども)の炎症、切り傷、皮膚炎、頭痛や、生理痛などの

痛いところに直接塗りましょう。

水溶化した精油を高級ホホバオイルで希釈してあるので安心して使えます。

(従来の精油原液では、直接塗ることはできません。)


肩こりに使えるアロマオイルです。
アロマオイル ラベンダー【いっぴん庵】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。