●活性酸素を取り除き肩こりを解消するクロスゼロ 肩こり解消器具厳選特集

肩こり解消クロスゼロQ&A2

■Q5
 7歳になる子供がアトピー性皮膚炎なのですが、クロスゼロは飲用できますか?

●A5
 7歳未満の方が服用されても危険はありません。

 又、参考までに、医薬品などの服用量は、
 体重の関係から成人の1/3〜1/4に設定することが 多いらしいです。

 飲み方は年齢にもよりますが、カプセルのまま服用できればカプセルで、
 難しいようであればカプセル内容物を飲食物に混ぜて
 (高温のものは避け、常温以下のものであれば何でも可です)
 服用されると良いでしょう。

 パンフレットに「満7歳から服用できる」と記載されていますが、
 これは、一般に子供はSOD活性(活性酸素をコントロールする力)が強いので、
 体外から抗酸化能力の高いものを取り入れる必要のないことが多いからであり、
 危険があるからではありません。




■Q6
 以前、百貨店などで、酸素のサプリメントなどを見かけましたが、
 酸素がいいのか水素がいいのか良く分りません。

●A6
 酸素はとても反応性の高い物質です。
 
 特に、酸素から生じる活性酸素は強い毒性を持っているので、
 その意味ではとり過ぎると危険な物質だといえます。

 実際、過剰に酸素をとり込んだ犬が急性酸素中毒になって、
 全身けいれんをおこしたり、実験用のマウスを50%濃度の酸素で飼うと
 (大気中の酸素は約20%)寿命が3分の1に縮まることも知られています。

 こんな危険な面を持つ酸素ですが、効率よく食物をエネルギーに変え、
 抗酸化力をもっているので、動物は酸素を利用しています。

 酸素の量と抗酸化力のバランスが崩れると、活性酸素の悪影響が出てきます。

 よって、酸素の良し悪しではなく、過剰になると問題が起きるということです。

 酸素吸入は、呼吸器障害や酸欠状態になった時に、生命維持のために行われるものです。

 健康な人にとっては気分転換以上の意味はなく、
 むしろ吸いすぎによる弊害が心配されます。

 最近、スポーツ選手が酸素ボンベから酸素を吸っているのを見かけます。

 一時的な疲労や酸欠の改善には役立ちますが、
 その後、活性酸素が大量に発生する事が分かっています。

 酸素と逆に、活性水素は活性酸素の毒素を消して安全な水にしてしまうものです。

 活性酸素は呼吸する限り出来ているものです。

 活性水素を上手に活用して、生活向上に役立てたいものです。




■Q7
 人間が持つ、活性酸素を除去するSODだけでは足りないのですか?
 
 SODと活性水素の違いは何ですか?

 普段から野菜をメインに食べ、抗酸化サプリメントなどを欠かさないようにしていますが、 どれほど摂取すればいいのでしょうか?


●A7
 SOD食品と活性水素の大きな違いは、分子の大きさです。

 SODも活性水素も分子1つ1つにマイナス電子を持ちますが、
 活性水素はSODの約1000分の1の分子量なので、
 同じ大きさでも活性水素はSODの1万倍マイナス電子を持っています。

 ですから、活性水素は効果を体感しやすく、老化抑制などに効果があります。

 どれほどの量を摂取すれば抗酸化を体感できるかですが
 1日に新鮮なニンジン100本、新鮮なトマト200本と言われています。

 日常でこれほど摂取するのは無理に近く、非現実的です。

 ですから、出来る限りストレスのない生活を送り、規則正しい生活と多種品目の食事を
 摂取することが最低限必要でしょう。

 それが難しければ、活性水素というずば抜けた抗酸化サプリメントを
 摂るべきなのではないでしょうか。




■Q8
 活性酸素を過剰に消すことはありませんか?


●A8
 体内に発生する活性酸素は、膨大な量なので、
 クロスゼロを毎日1瓶飲んでも消しきれるものではありません。

 また、免疫細胞が活性酸素を使ってウイルス等の異物を攻撃するのは事実ですが、
 必要な時に免疫細胞自身が活性酸素を作り出すので、
 クロスゼロによる影響を受けません。

 むしろ、体内の過剰な活性酸素が免疫細胞を攻撃して免疫力の低下をまねく
 方が多いので、クロスゼロは免疫力を充実させることに役立ちます。




■Q9
 クロスゼロは過酸化脂質の排出作用もあるのでしょうか?
 
 また、活性酸素にはいくつか種類があり、それに合わせてサプリメントも
 摂取すべきということを聞いたことがあるのですが、
 クロスゼロはすべての活性酸素に対応するのでしょうか?

 さらに、多くのサプリメントは、緑茶を飲んだ後、飲酒後は避けたほうが
 効果的という場合が多いですが、クロスゼロの場合はいかがでしょうか。


●A9
 クロスゼロは脂質過酸化を防いだり、既に酸化した脂質を還元する能力があります。

 活性酸素は、スーパーオキシド・過酸化水素・ヒドロキシラジカル・一重項酸素の
 4種が有名ですが、その他にも多数あります。

 水溶性か脂溶性かなどの特質により、対応できる活性酸素種が異なりますが、
 クロスゼロの活性水素は原子レベルですので、すべてに対応することができます。

 また、クロスゼロと緑茶やアルコールとの関係についても
 あまり気にしていただく必要はありません。

 多くのサプリメントを構成している複合分子の成分の中には、
 緑茶中の成分やアルコールと反応して効果を減弱されるものもありますが、
 クロスゼロの活性水素はそのようなことはありません。



健康や老化防止にクロスゼロが効果的です

クロスゼロ【ハッピージュン】


■品名:クロスゼロ
■名称:ミネラル含有食品
■原材料名:クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、
 アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、
 ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
■内容量:60粒(1粒300mg)
■飲み方:1日に2〜4粒を目安にお飲みください。

肩こり解消クロスゼロQ&A1

■Q1
 クロスゼロを飲みはじめは、とても疲れが取れていた感じがしましたが、
 服用して一ヶ月過ぎた今、以前のようにハッキリと疲れが取れた感じがしません。
 カプセルをもう増やした方がいいのですか?

●A1
 人間の体が慣れてくると、もっと楽になりたいと望みますが、これは自然な要求です。
 この場合、クロスゼロの服用を2〜3日中止してみてください。
 
 その後に服用再開すると、以前のような疲れが取れた体感できるでしょう。

 また、クロスゼロを飲み続けていると、前より体が疲れにくくなるので
 無理をしがちになります。

 体を使うことが増える傾向がありますので、効果の実感が薄くなります。

 理想的なのは、クロスゼロを服用して体が楽になっても、
 オーバーワークがなければ長くクロスゼロの効力を実感できるでしょう。

 さらに、ストレスの量によっても違ってきます。

 ストレス量が増えれば、クロスゼロの力はストレスから受けた体内の悪影響を
 最小限に抑えるために使われますので、疲労の回復が期待できません。

 ストレスをたくさん感じている時は、カプセルを増量して
 ストレスを発散してみてください。




■Q2
 クロスゼロを毎日服用するのではなく、疲れた時に4〜6カプセル位
 服用しようと思いますが効果はどうでしょうか?

●A1
 活性酸素は、毎日体内に発生しています。
 
 活性酸素は、健康な細胞の電子を奪い続け、老化促進や病気になりかねません。

 ですから、毎日の服用をお勧め致します。

 理想的な食事、自然が豊富な環境、ストレスが少ない状況であれば、
 1日1カプセルでも充分ですが、それ以外は一日2カプセルをお勧めします。

 時々飲むのでは、毎日の老化は防止できません。




■Q3
 多くの症状が改善される人とそうでない人では、クロスゼロの効き方
 に違いがあるのですか?

●A3
 生活環境、食生活、ストレス等で活性酸素がたくさん発生している人は、
 症状の改善に時間がかかります。

 また、生活習慣病の要因があると、病気にならないようにクロスゼロの力が
 生活習慣病の予防に使われますので、多くの症状の改善は見込めません。




■Q4
 クロスゼロを1日2カプセル、朝と夜に飲んでいます。

 最初飲み始めた1ヶ月位は眠くて仕方がなかったのですが、
 今は、睡眠時間が6〜7時間位で充分になりました。

 私は8時間眠らないとすぐ疲れを感じる体質なのですが、
 今の6〜7時間の睡眠で大丈夫でしょうか?


●A4
 神経質な人、神経性の疲労やストレスがある人がクロスゼロを服用すると、
 寝不足になることがあります。

 しかし、約1ヶ月〜2ヶ月で元の状態に戻るか、
 あるいは元の睡眠時間より短くなっても大丈夫な体になります。

 クロスゼロが活性酸素を除去する過程で神経の疲れが緩和され、
 体が睡眠を必要以上に要求します。

 その過程が終われば、前より1〜2時間短くても疲れにくくなります。

 体に問題がなく、あまり疲れていない夜にクロスゼロを服用すると、
 眠りにつくまでに時間がかかる時があります。

 そのような場合は、夕食前に服用してみてください。

 また、睡眠までに時間がかかって睡眠時間が短くなっても、
 大半の方は、疲れに影響していないと言っていますので問題はありません。

 体が眠りたいと要求した時は十分に寝ることが大切です。



 クロスゼロは肩こり以外にも
たくさんの効果があります


クロスゼロ【ハッピージュン】

■品名:クロスゼロ
■名称:ミネラル含有食品
■原材料名:クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、
 アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、
 ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
■内容量:60粒(1粒300mg)
■飲み方:1日に2〜4粒を目安にお飲みください。

クロスゼロは活性水素で肩こりを解消します

天然活性水素カプセル
〜奇跡の水濃縮カプセル〜
「クロスゼロ」


新鮮な奇跡の水に含まれる活性水素を飲むことができたら・・・
という発想のもとに開発されたのが、クロスゼロカプセルです。

開発に開発を重ね、実際1カプセルで何十リットルの奇跡の水を
服用した時に得られる活性水素がぎっしり詰まっています。


肩こり解消にクロスゼロ。クロスゼロはこちらからどうぞ

クロスゼロ【ハッピージュン】

■品名:クロスゼロ
■名称:ミネラル含有食品
■原材料名:クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、
 アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、
 ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
■内容量:60粒(1粒300mg)
■飲み方:1日に2〜4粒を目安にお飲みください。

活性酸素を除去して肩こりを和らげるクロスゼロ

サプリメントなど、「これはすごい!」と聞かされて飲んではみたものの、
あまり実感できないケースが多いのではないのでしょうか。

例えば、「○○○を飲めば免疫力があがる」とはいっても、
疲れがとれた、お肌が潤った、慢性病が好転したなど体感できなければ、
免疫力があがったことにはなりませんし、体感できなかったこと自体、
免疫力があがらなかった証拠であるとも言えるのです。

体感こそが総てです。

クロスゼロを1ヶ月試されて、これといった体感を得なければ続ける必要はありません。

他の健康食品にも同じことが言えます。


クロスゼロは、たっぷりの活性酸素を取り入れ、体内の活性酸素を除去します。

■活性酸素を大量に除去すると改善が見られる諸症状
糖尿病・高血圧・高脂血症・血中コレステロールの低下・癌・動脈硬化・脳梗塞・
脳出血・心筋梗塞・不整脈・ウィルスによる感染症・
喘息・アトピー性皮膚炎・自律神経失調症・うつ病・肝硬変・肝炎(慢性・急性)
・慢性疲労症候群・肉体疲労・肩こり・腰痛・頭痛・
白内障・肺炎・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・関節リウマチ・関節炎・花粉症・鼻炎・
加齢による白髪・抜毛・食中毒・口内炎・お肌の老化・
たるみ・シミ・しわ・更年期障害・加齢による婦人病・その他加齢による諸症状(老化)など


増えすぎて体に害を及ぼす活性酸素を効率的に除去できるのは、クロスセルです。


活性酸素を取り除いて肩こりを緩和するクロスゼロはこちらからどうぞ

クロスゼロ【ハッピージュン】

■品名:クロスゼロ
■名称:ミネラル含有食品
■原材料名:クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、
 アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、
 ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
■内容量:60粒(1粒300mg)
■飲み方:1日に2〜4粒を目安にお飲みください。

常に作られる活性酸素を除去するクロスゼロ

活性酸素は呼吸をしている限り作られるます。

活性酸素は、ある程度の量は害にならず、白血球内での殺菌作用に使われるなど、
むしろ生体防御に役立っています。

問題は、必要以上の活性酸素が発生すると様々な病気を誘発し、
老化を促進させてしまうということです。

残念なことに、私達の普段の生活環境の中には、活性酸素を作り出す原因が多くあります。

タバコ・アルコールの喫飲、排気ガス等による大気汚染や様々な環境汚染物質、
食品添加物、加工食品の多用や外食の普及による酸化した油の摂取、
精神的ストレスなど、現代社会にありふれたものばかりです。


活性酸素から身を守る防御機能が、人間の体には備わっています。

それは、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)といわれる酵素です。

しかし、活性酸素を作り出す原因の多い現代では、機能に限界があるようで、
しかも、年齢と共に機能が低下します。

そこで、活性酸素を無害にするものを補えばいいのですが、
これが抗酸化物(antioxidant)です。

代表的なものとして、ビタミンC・E、β-カロチン、
リコピン、セレニウムなどがあります。

高い抗酸化食品といわれているβ-カロチンを多く含むニンジンや、
リコピンを含むトマト、
ポリフェノールを含むココア、イチョウ葉茶、赤ワインなどがありますが、
いずれも大量に摂取しなければ効果が現れないようです。


「活性水素」は、元素の中では最も小さい分子構造である水素にも関わらず、
活性酸素を取り除くマイナス電子が1個存在します。

他の抗酸化物質は、複合分子構造上、水素の何百倍以上もの大きさでも
マイナス電子は1個しか存在しません。

ですから、「活性水素」を摂取する方が効果的であり、
抗酸化物質で活性酸素と同じ効果を出すためには、
抗酸化食品で有名なココア(含まれているポリフェノールが抗酸化物質)でも
何百杯も飲まなければならず、とても不可能なことです。


活性水素をたくさん含むクロスセルのお買い求めはこちらからどうぞ

クロスゼロ【ハッピージュン】

■品名:クロスゼロ
■名称:ミネラル含有食品
■原材料名:クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、
 アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、
 ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
■内容量:60粒(1粒300mg)
■飲み方:1日に2〜4粒を目安にお飲みください。

肩こりを解消する天然活性水素カプセル「クロスゼロ」です

体に有毒な「活性酸素消去能力」を「抗酸化力」といいます。

抗酸化食品として有名なものに、β-カロチンを多く含むニンジン・ブロッコリー、
リコピンを多く含むトマト、ポリフェノールを多く含むココア・
イチョウ葉茶・赤ワインなどがあります。

これらはいずれも複合分子でクラスターが大きいにもかかわらず、
マイナス電子は1つしか付いていません。


水素は元素の中でも最も小さい原子です。

抗酸化食品の複合分子の何千分の一、何万分の一小ささですが、
水素分子1つにマイナス電子を1ついます。

マイナス電子がプラス電子の活性酸素の結びついて中和し、
無害な水となって、老化や病気を予防します。


つまり、抗酸化食品を利用して体内の有毒な活性酸素を取り除くには、
大量に摂取しないとなりません。

例えば、ジューサーで絞って5分以内の新鮮なトマトジュースやニンジンジュースを、
一日に何十リットルと摂取しなければ著しい効果は望めません。

クロスゼロ1カプセルには、主な抗酸化物質より多くの抗酸化力があります。
・奇跡の水ノルデナウ(ドイツ) 活性水素 120g〜160g分
・ワイルドブルーベリー アントシアニジン 25kg〜35kg分
・赤ワイン・ココア ポリフェノール 80g〜120g 分
・無農薬にんじん β-カロチン 5,000本〜15,000本分

※いずれも天然活性水素カプセル「クロスゼロ」1カプセルに対しての値です。
 数値はあくまで理論上のものです。


天然活性水素カプセル「クロスゼロ」はこちらからお求めいただけます

天然活性水素カプセル「クロスゼロ」クロスゼロ【ハッピージュン】

■品名:クロスゼロ
■名称:ミネラル含有食品
■原材料名:クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、
 アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、
 ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
■内容量:60粒(1粒300mg)
■飲み方:1日に2〜4粒を目安にお飲みください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。